外壁塗装をDIYで行うときに必見のお役立ち情報サイト

>

外壁塗装で必要なものと注意点を要チェック!

汚れを徹底的に落とすことが成功のカギ

外壁塗装に取り組むにあたり、まずはじめに取り組まなくてはならないのが洗浄作業です。
綺麗に仕上げようとしても、元々の壁自体が汚れているままではいくら頑張っても美しい仕上がりにはなりません。

そこで使うべき道具が高圧洗浄機です。プロが使う業務用の高圧洗浄機が一番ですが、最近では家庭でも使える高圧洗浄機が多く出ており、使い方も簡単です。コンセントを電源に繋ぎ、専用の桶に水を汲み入れるだけで使える物もあります。
しかし外壁塗装のためだけに、何万もする高圧洗浄機を買うのもなかなかの出費と言えるでしょう。

そういうときには、市販のブラシや洗剤で念入りに作業を行えば大丈夫です。
高圧洗浄機を使うよりも手間や時間がかかりますが、細かい汚れやこびりついている汚れはブラシでないと落とせません。丁寧にしっかりと作業を行えば、満足のいく仕上がりにできるはずです。

汚れを落とした後は乾燥と養生を忘れずに

汚れを落とした後、忘れてしまいがちなのが乾燥させることです。面倒な作業は、出来るなら手早く済ませてしまいたいものですが、焦りは禁物。
乾燥をしっかり行わないと、後々の作業に影響が出ます。これは洗浄後でなくても、あらゆる過程において重要です。

そういうときにやっておくべき作業が養生です。
塗料がついてはいけない場所を守るためにする作業ですが、これを手抜きしてしまったり、飛ばしてしまうと、綺麗な仕上がりにはできません。塗る際に気をつければいいや、と怠ってしまうと、後々気にしながら作業をしなくてはならないため、より一層時間がかかってしまうでしょう。

一番のオススメは、専用のマスカーと呼ばれる道具を使うことです。市販の養生テープでも代用できますが、仕上がりを良くしたい方はこのマスカーを使うことをオススメします。使い方も簡単なので、素人でも楽に作業することが可能です。


この記事をシェアする