外壁塗装をDIYで行うときに必見のお役立ち情報サイト

>

下塗りの手抜きが一番ダメ

下地処理を行いましょう

下塗り作業をする前に、ひび割れなどで劣化してしまった部分を補修する作業が必要です。これをそのまま放置すると、外壁内部に雨などの水分が浸透してしまい、家に悪い影響を与えてしまいます。

ひび割れは合成樹脂または合成ゴム製の「のり」の材料である「シーリング材」を使用して補修しましょう。いろいろな種類がありますが、市販されているもので充分使えます。小さなものはスプレー式のものでも充分に直せますので、妥協せず一つ一つの傷に合わせて対応しましょう。

また、隙間などを目地材で塞いでいる部分などがあり、そこも劣化してしまっている場合は専用の「コーキング材」で補修をしましょう。数日かかると思いますが、時間をかけてでもしっかり行うべき作業です。

「のり」づけ作業が最も大事?

下地作業が終われば、いよいよ下塗りです。

材料は「シーラー」と呼ばれる接着塗料を使用します。もし初めて塗装する家なら、塗料を吸い込み過ぎしまう可能性もあるため「フィラー」と呼ばれる塗料を使いましょう。

これらを、基本的にはローラーを使用して塗っていきます。大半はローラーで塗れますが、細かいところはそうもいかないので、刷毛を使うなどして対応していきましょう。塗りづらいところは見栄えも悪くなりがちのため、きちんと時間をかけて丁寧に作業していくことが重要です。

一通り塗り終えたら乾燥させることも忘れてはいけません。ムラが出来ないように細かなところまでしっかりと確認し、その都度刷毛やローラーで対応していきましょう。


この記事をシェアする